三益製薬は、健康食品(サプリメント、栄養補助食品、機能性のある食品、栄養強化食品など)のOEM(受託製造)・PB・販売をサポート

三益製薬ブログ

中医学でみる夏~暑邪~

朝晩の風が少し涼しく感じられる季節になりましたが、
日が出ている日中はまだ暑いですね。
 
暑邪とは、盛夏の時期に現れる季節柄の邪気です。
 
夏との関連が強く、夏至あたりから立秋までに現われやすい特徴があります。
代表的な暑邪による不調に「夏バテ」や「熱中症」などが挙げられます。
 
20170823.jpg
 
暑邪は陽邪であり炎熱する性質があり、
高熱・顔が赤い・汗が多くでる・咽が乾く等の症状が現れます。
 
また、「暑」は湿邪を伴いやすいです。
夏は単に温度が高いだけでなく湿度も高いため、
水分を良く取ることから湿邪の影響を受けることが多々あります。
 
このため倦怠感・胸部や腹部の不快感・吐き気・下痢など、
湿の停滞による症状を伴うこともあります。

例えば、冷たい物を一日に2杯飲んでいるのであれば
そのうちの1杯は温かい物に変えてみるなど工夫されるとよいかと思います。
 
201708232.jpg

暦の上では、もう秋ですが、もう少し夏が続きますので
夏の終わりに体調を崩られないよう体調管理にはお気を付けください♪


 

弊社商品を、お取り扱い頂けるサロンを募集しています。

また不妊に関するご相談や、サプリメントもお取り扱いしております。

お気軽にお問い合わせください。

 

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

 

三益製薬Facebookページはこちら
↓↓↓↓↓↓↓↓↓

三益製薬株式会社

Facebookページも宣伝

季節ごとの症状   2017年08月23日